福岡県では、5月11日と5月12日の2日間にわたり東京2020オリンピック聖火の点火セレモニーが実施され、聖火ランナー(総勢185名)によってオリンピックトーチに灯した聖火が聖火皿までつながれました。
 2日目となる5月12日(水曜日)は門司区の関門海峡ミュージアムイベント広場で行われ、県内10市町で聖火リレーをする予定だった聖火ランナー(92名)が会場に集い、トーチキスで聖火をつないでいきました。

点火セレモニーについて

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、セレモニーは無観客で実施されました。当日の様子を下記リンク先からご覧いただくことができます。

  • 令和3年5月12日(水曜日)
  • 場所:関門海峡ミュージアムイベント広場
  • 時間: 16時から18時05分
  • 点火セレモニーライブ配信アーカイブ(関門海峡ミュージアムイベント広場)
    https://www.youtube.com/watch?v=HIenpNDth6o [外部リンク]

セレモニー全体のYouTube配信など詳しい情報は、県ホームページをご確認ください。

トーチキスから聖火皿への点火までのハイライト動画やランナーインタビュー動画はNHKのホームページをご覧ください。